入れ歯・義歯 − 保険適用の入れ歯から、金属床・マグネットアタッチメント義歯・ノンクラスプ義歯・シリコーンデンチャーなど患者様の要望にお答えします

入れ歯・義歯

当院の治療 − 痛まない、ガタガタしない快適入れ歯の製作
  • トップページ
当院のご提案するすべての義歯は、
保険適用の入れ歯
保険適用の入れ歯は保険制度によって材料や構造などが定められています。
部分入れ歯、総入れ歯ともに、レジン床というプラスチック製の土台に人工歯を並べた物になります。
部分入れ歯は金属のバネで固定する仕組みも加わります。
プラスチック製の入れ歯のため若干の厚みがあり、多少の制約はありますが、経済的な入れ歯です。
部分入れ歯 : パーシャルデンチャー
パーシャルデンチャー

部分的に歯を連続して失い、ブリッジが不可能な場合は部分入れ歯になります。
健康な歯が1本でも残っていることが条件となります。

※金属を埋め込む、ある程度の補強も可能です。

保険適用の入れ歯以外には、固定金具のない入れ歯、磁石で固定する入れ歯などもあります。

メリット デメリット
保険適用のため経済的 厚みがあり違和感がある
治療期間が短い 長期使用による変色や磨耗がある
  金属の固定バネが目立つことがある
  破損(破折)しやすい
  熱伝導率が低く食感を感じにくい
総入れ歯 : フルデンチャー
フルデンチャー

総入れ歯は歯ぐき(顎堤)で支えるため、安定感のある入れ歯づくりの技術が必要とされます。

新たに製作した入れ歯は痛みなどの不具合を感じることがあるため、2~3回の調整が必要になります。

保険適用の入れ歯以外には、非金属の入れ歯や磁石で固定する入れ歯などがあります。

メリット デメリット
保険適用のため経済的 厚みがあり違和感がある
治療期間が短い 長期使用による変色や磨耗がある
  破損(破折)しやすい
  熱伝導率が低く食感を感じにくい
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
自費診療による入れ歯
楽しい食事と全身の健康に向けた快適生活応援義歯

使っている入れ歯がどうしても合わない・・・
すぐに入れ歯がガタガタする・・・
もっと噛める入れ歯がほしい!

このようなお悩みを解決できるのが自費診療による入れ歯です。

自費診療の入れ歯には保険制度の制約がありません。
これは最大のメリットで、見た目や装着感、良好な口腔機能の追求など、様々な工夫を凝らすことができます。
そのため、多彩な技術と多様な材料を使用した、ご希望に沿った最良の入れ歯が可能です。

金属床義歯 : キャストプレート
金属床義歯

骨組みとなるフレームが金属で、薄くて軽く、強度に優れ、密着性と装着感の抜群な入れ歯です。
古くから改良が繰り返されてきた実績から、さまざまな対応も可能な入れ歯です。

熱伝導率が高いため食べ物の温度が瞬時に伝わり食感も楽しむことができます。
雑菌や汚れも付着しにくく衛生的にも優れた入れ歯です。

メリット デメリット
薄くてコンパクトな入れ歯ができる 保険適用できない
優れた密着性で装着感が良い 調整や修理に時間がかかることがある
優れた熱伝導性で食物の味覚を楽しめる 口腔内の変化に伴う定期的調整が必要
あらゆる状態に対応できる  
金属アレルギー対応も可能  
丈夫で変形や割れなどの破損が起こりにくい  
汚れや雑菌が付きにくく衛生的  
発音しやすく会話も容易になる  
保険の入れ歯と金属床の大きさの比較
保険の入れ歯と金属床の大きさの比較
金属床で使用する金属
■ コバルトクロム合金
古くから使用されてきた実績を持つ金属です。
保険の入れ歯の約1/4の薄さでありながらとても丈夫で、長期間快適に使用できます。
金属アレルギーの方には使えませんが、比較的安価な金属床がつくれます。
■ 白金加金合金(プラチナとゴールドの合金)
プラチナの重厚さとゴールドのしなやかさを併せ持ち、強度・弾性とも優れた金属です。
生体親和性(無毒性)に優れており、金属アレルギーの心配がほとんどなく、食べ物の味も損ないません。
■ チタン合金・純チタン
とても軽い金属でコバルトクロム合金の半分程の重さしかありません。
安定した金属で丈夫で腐食にも強く、その生体新和性の高さから、人工関節としても利用されており、金属アレルギーの心配もありません。金属疲労も起こしにくく、長期間安定して使用できる入れ歯ができます。
軽くて装着感もよく、食べ物の味を損なうこともありません。
マグネットアタッチメント義歯 : 金属床などに対応可能
マグネットアタッチメント義歯

入れ歯の土台となる歯根に磁性金属(キーパー)を埋め込み、入れ歯側に超小型の磁石を取り付けた入れ歯です。

強力な磁力でガタつきを抑えるため、歯が少なくても十分維持することができます。

金属のバネの必要のない見た目の良さと抜群の固定感を得ることができます。

メリット デメリット
強力磁石でしっかり固定・維持できる 保険適用できない
よりコンパクトな入れ歯ができる 残っている歯に金属を埋め込む必要がある
優れた密着性で装着感が良い  
固定金具が必要ないため目立たない  
アセタルクラスプ : 金属床などの部分入れ歯と併用
アセタルクラスプ

クラスプとは部分入れ歯の固定金具のことです。

通常は金属でできてますが、特殊なレジン(プラスチック)を用いることで白い色調のクラスプにすることもでき、見た目の気になる前歯や小臼歯への固定金具としてお勧めです。

耐久性や耐摩耗性、生体親和性にも優れています。

メリット デメリット
生体親和性の高い安全素材 保険適用できない
非金属の固定金具で目立たない ノンクラスプ義歯などと比較すると目立つ
低疲労性で長時間装着していても疲れにくい  
柔軟性があり対合歯への負担が少ない  
コーヌスクローネ : テレスコープデンチャー
コーヌスクローネ

入れ歯の固定源の歯を成型して内冠とし、入れ歯に取り付けた外冠を被せて固定する入れ歯です。
内冠と外冠の微細な差異が摩擦力を生み、その摩擦力で入れ歯を固定します。固定原理の所以から茶筒式義歯とも呼ばれます。

精度と技術が求められる製作の難しい入れ歯で、対応していない歯科医院も多いのですが、確かな技術とこだわりさえあれば最良の入れ歯ができます。

メリット デメリット
装着と着脱が容易 保険適用できない
コンパクトな入れ歯ができる 適用ケースが限られる
優れた密着性で装着感が良い 残っている歯を削り成形する必要がある
歯が固定源となるので目立たない 調整や修理に時間がかかることがある
自分の歯に近い感覚で食事ができる 取り扱い医院が少ない
歯磨きなどの口腔ケアが容易  
丈夫で変形や割れなどの破損が起こりにくい  
汚れや雑菌が付きにくく衛生的  
発音しやすく会話も容易になる  
ノンクラスプ義歯 : 非金属のやわらかい部分入れ歯
ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯は歯ぐきに似せた樹脂で固定する部分入れ歯です。弾力性や柔軟性に優れており、今までにない軽さ、付け心地を実感していただけます。

外科用縫合糸としても使用されている素材を使用しているため、金属アレルギーやプラスチックアレルギーの心配のない、身体にやさしい入れ歯ができます。

見比べると一目瞭然!固定方式に大きな差があります

メリット デメリット
固定金具がないので目立たない 保険適用できない
優れた密着性・柔軟性で装着感が良い 支持力が若干劣ることがある
アレルギーの方でも安心 噛んだ時にたわむことがある
汚れや雑菌が付きにくく衛生的  
発音しやすく会話も容易になる  
シリコーン義歯 : 心地良いやわらかさの快適入れ歯
シリコーン義歯

歯茎(顎堤)との接触面をやわらかい生体用シリコーンで覆った入れ歯がシリコーン義歯です。

生体用シリコーンの密閉性とクッション性が、痛い・噛めない、はずれやすいといったお悩もを解消するとともの、歯ぐきをやさしく守ってくれる入れ歯です。

シリコーン義歯・コンフォート

メリット デメリット
あらゆる状態に対応できる 保険適用できない
使用中の入れ歯への対応(改修)が可能 修理に時間を要することがある
優れた密着性で装着感が良い 汚れが付きやすい
金属アレルギーに対応できる  
発音しやすく会話も容易になる  
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
入間市・武蔵藤沢駅の歯科医院「ファースト歯科クリニック」

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなど具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
いきなりの来院の場合は、かなりお待たせすることがありますのでご理解をお願いいたします。

公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様など治療以外のお電話はお控えください。

アクセスマップ 診療時間・休診日
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る