インプラントは患者様の安全が第一優先! インプラントの可否の診断から入ります。 ソケットリフト法、サイナスリフト法、骨誘導再生療法(GBR法)などの骨造成術も可能です

インプラント

当院の治療 − 安全と長期保存が目的のインプラント治療
  • トップページ

インプラントとは?
ブリッジよりも、入れ歯よりも、一番よく噛める治療
インプラント

歯を失う原因には様々な要因があります。例えば、むし歯・歯周病(歯槽膿漏)・不意の事故などです。

インプラントは天然歯の代わりに人体親和性の高い(骨と強く結合する性質)チタン製の歯の根(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その上にセラミックなど天然歯に近い材質の歯(人工歯)を取り付ける治療です。
インプラントの最大の特徴は顎の骨に支持し固定するので、ブリッジのように両側の健康な歯を削る必要がなく、入れ歯などと比べてもしっかりとよく噛める(咀嚼機能)ことにあります。
失った歯が1本の場合から、まったく歯がない場合など様々な状態への対応が可能です。

インプラント成否の鍵“オッセオインテグレーション”
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
このような方にインプラントはお勧めです

歯を失って困っている方やお悩みの方は大勢おられます。
インプラントは自然歯とほとんどかわらない見た目や噛み心地を再現する治療です。
健康や若々しさにも良い影響が期待できますので、次のような方はぜひご検討ください。

インプラントにすることへの期待
  • インプラントによる噛む刺激、全身への良い影響に期待したい
  • 自然歯と変わらない見た目がほしい
  • 何でも食べられる食事、家族と同じ食事をしたい
日常生活の困りごとや悩みごとを解決したい
  • 奥歯がなかったり、抜けている歯が多くブリッジができない
  • ブリッジのために健康な歯を削りたくない
  • 入れ歯の見た目に抵抗がある
  • 入れ歯の違和感や嘔吐反射、痛みなどがあり装着できない
  • 入れ歯がすぐに合わなくなる
  • 入れ歯のため話しにくい
  • 入れ歯のため好きな食事ができず、硬い物も食べられない
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
インプラント治療例 − 1本から義歯まで
歯を1本失った場合
歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は健康な両隣の歯を削って土台をつくり、ブリッジを被せていましたが、
インプラントの場合、健康な歯を傷付けずに治療することができます。

歯を何本か失った場合
歯を何本か失った場合

従来の治療では部分入れ歯になりますが、
インプラントを何本か用いることで部分入れ歯を回避することができます。
入れ歯を固定する金属のバネを必要とせず違和感もまったくありません。

歯をすべて失った場合
歯をすべて失った場合

取り外し式の総入れ歯ではなく、インプラント義歯にすることができます。
通常の入れ歯のように食べものが入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、ガタつくようなこともありません。
しっかり噛めるようになり食事も楽しめるようになります。

  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
当院のインプラント

近年のインプラント体の材料は生体親和性の高いチタンが主流です。
メーカーは歯科先進国であるスウェーデンを筆頭にアメリカ、日本、最近では韓国や中国の企業などが参入しており、費用にも大きな違いがあります。

選択肢は様々なですが、当院では患者様の安全とインプラントの長期持続性を最優先に以下の3メーカーのインプラントを採用しております。

ブローネマルクインプラント(ノーベル・バイオケア社)
ブローネマルクインプラント

オッセオインテグレーション(チタン製のインプラント体と骨の結合)の概念の基、インプラントを製造した世界初のメーカーで長い実績を持ちます。
歯科先進国スウェーデンのメーカーです。

ブローネマルクインプラント

顎の骨の充分ある方に適した通常のインプラント(上図)から、
比較的顎の骨の薄い傾向にある日本人に適したリプレイスセレクトインプラント(左図)までありバリエーションも豊富です。

ノーベル・バイオケア社
アストラテックインプラント(アストラテック社)
アストラテックインプラント(アストラテック社)

インプラント体の構造設計に優れ、噛んだ時の顎骨への荷重を適正に分散してくれます。また、インプラント体表面に施された化学的な表面性状によって早期の顎骨の治癒を促してくれます。
歯科先進国スウェーデンのメーカーです。

アストラテック株式会社
スプラインHAインプラント(ジンマー社:カルシテック)
ブローネマルクインプラント

歯や顎骨を構成する成分のハイドロキシアパタイトを表面にコーティングしたインプラントです。
積極的な生化学的骨結合(オッセオインテグレーション)を追求する姿勢を持つアメリカのメーカーです。

株式会社 白鵬
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
インプラント治療計画システム
インプラント治療計画システム

インプラント治療を安全・確実におこなうためには、顎骨の状態を詳細に診ることが重要です。
当歯科医院では治療前に提携病院でのCT撮影をお願いしております。

インプラントの治療計画はCT撮影より得られたDICOMデータをインプラントシュミレーションソフトに取り組んでおこないます。

DICOM(ダイコム:Digital Imaging and COmmunication in Medicine)
インプラント3Dデジタル診断・治療計画システム ノーベルクリニシャン

ノーベルクリニシャンはインプラントの治療計画シミュレーションからインプラント手術までの一連のインプラント治療を、より安全に、より正確に行うことを目的に、ノーベルバイオケア社が開発した画期的なシステムです。
治療後の審美性および機能性を重視した治療計画を立てることができ、また安全・確実なインプラント手術を可能にするガイディッド・サージェリー(サージカルガイド)の製作まで対応しています。

ノーベルバイケア社 − 歯科インプラントのトップブランド
3D画像でインプラント治療計画
ガイデッドサージェリーによる治療計画より製作したガイデッドサージェリーによる治療計画

ガイデッドサージェリーは、CTで得た情報をもとにインプラント治療計画システム(ノーベルクリニシャン)によって詳細なインプラント治療シュミレーション、およびサージカルテンプレートを製作しておこなう、安全性が高く、より低侵襲性(無駄に生体を傷付けない)の高い歯科インプラント手術です。

  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
CT撮影からインプラント治療まで
CT撮影からインプラント治療まで
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
全身管理インプラント治療
夢見心地のリラックスした状態で治療を終えることができます

当院ではインプラント治療をより安全におこなうために静脈内鎮静法を導入しております。

静脈内鎮静法は鎮痛薬や向精神薬を静脈内に投与(点滴)・作用させることで、治療に対する恐怖心や術中の痛みを軽減する麻酔方法です。うたた寝、あるいはほろ酔い加減のような感覚で、とてもリラックスした状態になるため、ストレスや痛みを感じることがありません。

静脈内鎮静法の開始時からインプラント手術終了時まで、血圧、脈拍、心電図や酸素飽和度などをモニターし、患者様の状態を把握しながらおこなうため、より安全に治療を受けていただけます。

櫻井全身管理歯科研究会
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
インプラント治療の流れ

インプラント手術には大きく別けて1回法と2回法があり、どちらにもメリット、デメリットがあります。
手術方法の選択において、優先するのは患者様の安全とインプラントの長期保存性です。
患者様の口腔状態を把握した上で最も有効なインプラント手術をご提案します。

step1
step2
step3step3
step4
step5step5
step6
step7
インプラント治療完了
インプラントのメインテナンスの説明
インプラントを長期間お使いいただくためには、
適切な日頃のお手入れと歯科医院での定期メインテナンスは欠かせません。
末永くインプラントとお付き合いいただくために、当院のメインテナンス方針をご説明します。
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
インプラントを可能にする骨造成術
インプラント

インプラントは顎骨との結合が絶対条件のため、顎骨の高さや幅が少ないと適用できません。
例えば、歯を失ったままにしていると歯槽骨が吸収され骨幅の薄い顎骨になってしまいます。
このような場合、顎骨を再生または造成し、インプラントと顎骨の結合が確実に起こる環境を整える治療をあらかじめ、あるいは同時におこなう必要があります。

ソケットリフト法 - 上顎の骨幅が狭い時におこなう手術

上顎の上、鼻の左右の骨内には上顎洞という副鼻腔(空洞)があります。
上顎の骨幅が狭いとインプラントが上顎洞を突き抜けてしまうため、そのままではインプラントを埋め込むことができません。

ソケットリフト法は特殊な器具を用いて充填した骨補填材(骨生成材)とともに上顎洞底部を押し上げ、骨を造成し、骨幅を確保する手術です。
インプラント手術は造成した骨が安定してからおこないます。

ソケットリフト法
サイナスリフト法 - 上顎の骨幅が狭い時におこなう手術

上顎洞を利用して骨を造成し、骨幅を確保するという点ではソケットリフト法と同じですが、上顎洞に頬側側面から直接アプローチするため、より外科的な手術になります。
目視できない感覚的手法のソケットリフト法に対して、サイナスリフト法は目視できるため、より骨幅を確保したい場合におこないます。
インプラント手術は造成した骨が安定してからおこないます。

サイナスリフト法
骨誘導再生療法(GBR法) - 歯槽骨の骨幅が狭い時におこなう手術

歯槽骨や顎骨の再生を促す治療方法です。
インプラントを埋め込む部分の顎骨や歯槽骨が十分でない場合におこないます。状況により、骨補填材(骨生成材)を使用したり、患者さん自信の骨(自家骨)を採取・移植して、骨の再生を促します。

骨誘導再生療法(GBR法)
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
入間市・武蔵藤沢駅の歯科医院「ファースト歯科クリニック」

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなど具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
いきなりの来院の場合は、かなりお待たせすることがありますのでご理解をお願いいたします。

公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様など治療以外のお電話はお控えください。

アクセスマップ 診療時間・休診日
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る